2006年3月生まれの双子の男の子の、のんびり育児日記です。 二人の成長を見守る母のつぶやき・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み聞かせ。
2008年01月17日 (木) | 編集 |
こちらに帰ってくると、週に1度の図書館の読み聞かせも楽しみのひとつ。

図書館も私が子供のころにはなかったので、新しく、木がふんだんに使われているのであったかい雰囲気が好きです。
CIMG0792.jpg

図書館前まで行っても、お隣の工事現場のクレーンが気になります・・・

ミニーちゃんパペットでご挨拶。子供たちは、ここから引き込まれていきます。
今月の歌は「雪」 それにふさわしく、今朝、我が家でも雪が舞いました。珍しいことなので、大騒ぎ。

《午後の寝かしつけに「雪」を歌っていたら、ダイも「こんこ」「ずんずん」と歌いだして、イブも一緒になって、大合唱・・目が覚めちゃったのでした・・》

それから「バイバイ、またね」の絵本。ダイイブも、ばいば~いとしてました。

毎回、パネルシアターが手が込んでいて、大人も楽しい「素敵なぼうし」歌にあわせて、いろんなぼうしから、いろんなものがでてきます。切り株ぼうしから小鳥、そしてお母さん鳥がご飯をたっぷり。三角ぼうしからはイチゴ,チョコ、バニラのアイスが次々に、最後のぼうしからは、それまで、でてきたものが糸に連なって!!「おお~」という感嘆の声が上がります。ダイイブは、バナナがたくさん出てきたのが一番気に入ったみたい。

紙芝居には、乗り物がたくさん。「ひこーき!!」と指差してました。
それから、もう1冊絵本。
「さよなら、あんころもち、またきなこ、もぐもぐもぐ~」が終わりのご挨拶。
二人も大好き、周りのみんなも一緒に、いつまでももぐもぐ(笑)

CIMG0804.jpg

お土産は、厚紙にビー玉を埋め込んだこまでした。「こま」ときいて、すぐ、床でまわしていた2人、折り紙のこまでよく遊んでいるので、好きなのです。

真剣な顔の2人だけれど、ちゃんと楽しんでいて、帰ってからも絵本の言葉を思い出したりしてるみたいです。また、来週もいこうね。

でも、お外に出ると、やっぱり、クレーン車が気になって、ずっと見上げていたのでした。

スポンサーサイト
南部鉄器 スクエアパン
ル・クルーゼ ビュッフェ・キャセロール  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。