2006年3月生まれの双子の男の子の、のんびり育児日記です。 二人の成長を見守る母のつぶやき・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最高に価値のある仕事。
2008年04月25日 (金) | 編集 |
自分で、はいれるようになったよ~。
たくさん、あるおもちゃの中からこの1台の消防車をめぐって、逃げ回り、追いかけまわり・・の末の勢いなのですが・・。


CIMG3544.jpg


本日は、子育て講座、「子供の絵本の選び方」。
パパ’s絵本プロジェクトの活動の様子のお話もきけました。

一番前を陣取り、積み上げられた絵本に興味津津のダイイブ。
中でも、大好きな「バルンくん」があることが気になって気になって仕方ないの・・
「バルバルバル~、ブロブロブロ~ン」と走るこの車くん、我が家では父さんの車の名前になっていて、
帰ってきた音がすると、「あっ^^」とお出迎え。最近は、朝のお見送りも日課なのです(って、すごい音させてることがわかるよね・・・)

読んでもらってるのは、「かんかんかん」
ふみきり大好きな二人は、それはもうにじり寄っていってます^^

CIMG3549.jpg


まずは、絵本の歴史のお話。3,40年前は子守歌・わらべ歌主流。絵本はいないいないばあや、うさこちゃん(と呼ぶのは40代以上なのだそう。ミッフィーだよね・・

今は、赤ちゃんの脳の発達も3歳ごろまでに80%出来上がってくることもわかって、絵本も沢山ですよね。(逆にわらべ唄とか知らない世代になってしまってますが・・)
なので、3歳までにテレビやビデオのメディアの影響は大きく、控え目にしたほうがよいとのこと。長時間、テレビ漬けになっている家庭では言葉の遅れや、視線を合わせない、友人と遊べないといった子供さんが増えているのだそう、これは、気をつければ改善できること。
・・これはよく聞く話だけれど、改めて・・家事を片づけている間とか、見ていてくれると助かるのだけど・・だらだら見せはやっぱり良くないなあと、反省したのです・・。

それから、たくさん読みこんだ絵本は、その声がその時間がしみ込んでいて、たとえ、同じ本でも同じでない、自分だけの宝物になる。 
・・あ~、そうだなあと思いました。私自身も本に囲まれて育ったし、図書館で借りるのもいいのだけど、それはやっぱり借り物であって、大事な時間を重ねた本は自分の手元に置いておきたい、と思ってしまう。ダイイブの絵本も、借りるより、買ってしまうのはそんな気持ちもあったからかな。
まだまだ、これから、沢山の声を、時間をしみこませていきたいなあ。


CIMG3554.jpg


これは、昔からある本だけど、一番すぐれた育児書だと思うと紹介されました。

今の時期は、子供の人格の基礎の時期。この時期に、見たもの聞いたもの、感じたこと考えたこと・・それがこの子たちの人生のもとになっていくのですよね。
まずは、母性を育てなさいと。
たくさんの絵本で、感じたり、声を聞いたり、一緒にご飯を食べたり、抱きしめたり・・
愛される喜びを与えること、それで十分。
育児は最高に価値のあるほこりのある仕事である。
・・あ~、そうだな。もっと、子供たちと向き合って、丁寧に過ごしたいなと感じました。

それから、しつけ、ルール、父性を育てなさい。
母性(土台)がないと、そのあとは育たない。
・・このごろ、しつけ(いやいやも・・)には少し落ち込み気味だった私。育児に飛び級はなし!もう一度、ダイイブとゆっくり歩こうと、思い直すことができました。

育児で大切な待つ気持ち
子供の素質と個性と能力で、いい方へ向かっていこうとしているのだから、邪魔をしなければ、発達していく。だから、待つ姿勢があれば、育てることの名人になれる!

・・うんうん、ゆっくり待っているからね、心配しないでいいよ!


た~くさんのお話を聞くことができて、絵本に限らず、ちょっと立ち止まって、考えることのできたよい機会でした^^



スポンサーサイト
テーマ:双子の子育て
ジャンル:育児
南部鉄器 スクエアパン
ル・クルーゼ ビュッフェ・キャセロール  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。