FC2ブログ
2006年3月生まれの双子の男の子の、のんびり育児日記です。 二人の成長を見守る母のつぶやき・・・
妊娠中期
2006年03月16日 (木) | 編集 |

2005年11/7.8(18週目)



  • 旦那の誕生日。ケーキ269は作れず、買ってきてもらう。ケーキ食べながらお腹ポコッ。初の胎動。父ちゃん子になりそうな予感。

  • 診察・・赤ちゃんは二人とも20センチくらい。頭は4センチ。頭と太ももの長さをみるそうだ。順調に成長している。


11/16(19週目)


休みがちな母親学級。予定日同じ頃のにんぷさんと。みんな、お腹目立たないし、動きもかろやか。私は、お腹と腰がいたいです。



  • 診察・・順調に大きくなり、エコーは一人ずつでも入りきらない。


12/6(22週目)



  • 診察・・1号・520グラム。2号・420グラム二人とも、逆子になっていた。エコーの最中、気持ち悪くて、目がまわる。そのまま。診察室で、数時間やすむ。


12/21(24週目、7ヶ月)



  • 里帰り前最後の診察・・1号・680グラム、2号640グラム。エコーの間に、二人ともくるくる回り続けていました。私の体重は+6キロ。

  • 中期は元気な日もあったけど、だるさと腰痛と胃の圧迫には悩まされた。でも、ここまで、よく大きくなったなあとほっとする。


 つわりが治まってきたのが、6ヶ月くらい。夏のひどさを思えば、動くのも楽な日も出てきました。お腹はどんどん、大きくなって、「そろそろ、予定日?」ときかれることも・・。臨月並みです。お腹が出た分、腰は激痛がはしるようになり、トイレはますます近くなり、うつ伏せが全くできないのはつらかったです。抱き枕や、毛布でお腹を支えていました。


初めての、胎動は感激でした。1号(ダイ)は私に、2号(イブ)は旦那によく反応していたので、2号は女の子だとおもってました。二人の赤ちゃんは胎動も違っていて、1号は、おっとり。2号は落ち着きなくくるくる。生まれてからも、納得の性格です。この頃から、性格の違いあったんですね。4Dエコーで顔が見えたり、成長がうれしかったです。


キャンセルした結婚式3件。出席1件(10月)・・でも、余興や、二次会の企画に協力できませんでした・・


家まで、会いに来てくれた友達に感謝です。



妊娠初期
2006年03月16日 (木) | 編集 |


2005.8/4  妊娠発覚!



  • 仕事は休みの日。二日酔い?先週は週6日(夜勤以外のすべて)のペースで53飲んでた。 それにしたって、気持ち悪い。まさかね。。でも、なんとなく気づいていた気もするので、検査する。陽性(+)反応だった228。そわそわ・・

  • 直後、勤務先から電話。人事異動の話、10月からの新規事業立ち上げスタッフ。相当、忙しくなる・・一応「あのう、さっき、妊娠わかったんですけど。。」伝える。


8/5



  • 病院へいく。やっぱり陽性。でも、全く、見えない。4週2日、早すぎの発覚。気持ち悪いのは、すでにつわり??1W後に再通院。

  • 人事異動を断る182。かなりの大きい事業だっただけに、上司はてんてこ舞い・・すみません。


8/10



  • 通院・・赤ちゃんの入っている袋見えた。本当は丸く写るらしいけど、私のは三日月形。先生からは、元気に育つ可能性は低いと言われる238。・・またか・・1月と6月に初期流産していたから、これで、3回目。でも、袋がみえただけ、進歩。つわりがあるだけ、進歩。


8/15



  • 通院・・三日月型の赤ちゃんの袋が二つになっていた183。双子?先生は、「消えちゃうこともおおいですから」消えちゃう?流産の可能性は消しきれない。妊娠・・未だ、喜べないまま不安だらけの日々。体調もいまいち。


8/16~



  • この日は夜勤、朝の8時半から翌日10時半までが週1の勤務。今日はだるくて動けない、一緒に組んだ人がいろいろやってくれるので感謝。食事の支度なんてもってのほか。事務仕事すら、目が回って出来ない。せめて、話し相手くらいと思ったものの、話のそばから、流しでゲーゲー。めいわくばかりかけて、全く、仕事にならない・・

  • 家でも、ゲーゲーで、食べられず、立ちくらみ。アパートのトイレさえ、遠くていけない、はいつくばって、たどり着いたら、そこから動けない。もう、吐くものもないよ・・出血もあり。

  • 仕事にならないまま、1週間。体調も出血もひどくなる一方・・


2005.8/23・・・・この日から、仕事お休みのまま産休へ 229



  •  診察・・二つの袋、二つの心拍確認。双子ちゃんだ237だけど、切迫流産。夜勤だったけど、こうたいしてもらって、今日から2週間の自宅安静。


8/30



  • 家にいても、ひどい吐き気、頭痛、立ちくらみ。眠れない日々。自分のご飯は、氷のみで、旦那はお弁当かってくる。そのにおいすら、だめな生活が続く。出血が真っ赤になって、量も増えたので、心配。

  • 病院へ。ひたすら安静にしているのみ。切迫流産、妊娠悪阻。9/20まで安静の診断書を勤務先へ。赤ちゃんは二人とも元気。心臓ピコピコ。1人7ミリくらいの大きさ。


9/6  May05$10.jpg



  •  診察・・二人とも元気。1.5センチくらいに成長。少し、小さめだけど、次回には予定日がわかりそう。


9/20



  • 出血は大分良くなったけど、まだある。ゲーゲーの日もあれば、たまに、ご飯作ったり、出かけたりも出来る日もある。ほぼ、寝たきり。

  • 診察・・二人は3.1センチ。小さめなはずが成長が追いついてきた。予定日は4・12。母子手帳もらっていいよと、やっと言われた。だけど、切迫流産、妊娠悪阻のため、10/10魔で、安静の診断書。上司に、提出。仕事休んで、1ヶ月、職場はけっこう大変。迷惑かけてすみません。


10/5(13週目)



  • 診察・・初めて、お腹の上からの超音波。4Dエコーとってもらう。二人は5,6センチ、元気な心臓の音聞こえる。すでに、お腹大きい。買ったばかりのマタニティジーンズはもうはけない。あの、つわりで、落ちた体重も戻って、+-0。

  • 10.11.12(14週)  13

  • 仕事復帰。変則勤務は無理なので、日勤の作業にまわしてもらったしかも半日ずつのスタート。が、食事介助、トイレ介助がこんなにしんどいとおもったことはない・・結局、2日目の夜にあの吐き気が再来。頭痛と発熱、お腹も痛くて、動けなくなる。

  • 13日に通院・・赤ちゃんは8センチくらいになっていた。切迫流産、妊娠悪阻のため、二週間安静の診断書。


10/19(15週目)



  • 双子サークルに行ってみる。とってもかわいい。みんな、苦しい思いをしてきたママたちなので、今の苦しみと葛藤を共感してもらえて、すごく楽になった。


10/26(16週目)



  • 診察・・赤ちゃんは人間らしい形になってきた。元気でここまで大きくなったので、ほっ。1号がくるくるしていた。

  • 結局、仕事復帰できず、このまま産休に入ることになる。切迫流産、妊娠悪阻の診断書。


10/29



  • 帯祝い・・両家の両親と仲人さん。先週くらいから、食べられるようになってきた。お腹の中で、こそこそしている感じ。


妊娠発覚の日は、運命の日。あのまま、人事異動していたら、全く今の私はいません。流産2回したあとの妊娠に、不安が続いたものの、双子と聞いて、あの赤ちゃんたちがちゃんと戻ってきてくれたんだと、納得していました。なんだか、昔から、双子を産むことを知っていたような、不思議な気分でした。最初から、切迫流産とひどいつわりで、全く仕事ができずに、ヘロヘロな妊娠初期をすごしましたが、つわりが消えて、流産してしまうことが怖くて、つわりがあることが、赤ちゃんのいる証と、自分を励ましつつ・・何とか、この時期を乗り越えられた気がします。



南部鉄器 スクエアパン
ル・クルーゼ ビュッフェ・キャセロール